Survive The Nights まだまだこれからだ……!ワクワクの初日。

Survive the Nights ロゴ

Survive The Nights 通信・第二回

Survive The Nights ロビー

Survive The Nights まだまだこれから

こんにちは、セマフォです。
Escape from Tarkovの情報が揃っている
Movie♡Gamerでも少しずつですが
記事を執筆させて頂くことに慣れてきたように思います。

前回執筆した、STN通信第一回では、
リリース前の情報をお知らせ致しました。

STN通信第一回はこちら

今回のSurvive The Nightsの連載記事・第二回は
ワールド、探索、ゾンビという三要素をお伝えしていきます。

Survive The Nightsは
昨日、ようやくリリース初日を迎え
サーバーがまだ不安定な中、多くの人がpre-alphaに参加していました。

Steamレビューで日本人も含めて、
多くの方からの厳しいレビューが飛び交っていたり、
事情と今後を知っているSTNコミュニティからは温かい声が届いていました。

間違いなく言えることは、
Survive The Nights 【STN】というゲームは、
『まだまだこれから』であること。

そして、その判断さえも我々プレイヤーの懐次第です。
アーリーアクセスゲームとプレイヤーとコミュニティについて
その意味と意義の理解について
まだまだ難しいんだなぁ、と改めて感じることになりました。
特に日本人のレビューはひたすらに減点方式なのが残念。
(僕のSurvive The Nightsレビューをぜひ見てもらいたい……!)

STN ワールドについて

Survive The Nights ワールド

Survive The Nights プレアルファ版ながら雄大で美しい

STNのアルファ版のマップBlack Islandは、
広さが64㎢で起伏に富んだ地形と町や集落があり、
今後も様々な建物の追加が期待されています。

現在のマップとゲーム状況

現在はワールドのおおよその構造(世界の基本構造)が出来ており、
そこに村、町、施設などが点在しています。

まだそれらに内容が充実しているのではなく、
これから充実していくという感じです。

例えば、町はあるものの、
α版で実装予定のNPCはまだ導入されていません。
他にも現状、家具のクラフトが現実的ではないため、
どこかの家に拠点を構えるのも厳しいかも知れません。

ただし、現在プレアルファ版のSTNは、
バグや不具合、問題点が見つかりやすく
コミュニティの数も豊富なので修正すべき点はすぐに見つかります。
(Pre-alphaとはα版にも達していないバージョン)

つまり、未成熟なバージョンであれば、
それだけ開発とコミュニティの熱意によって
修正、改善できるということになります。

また僕が運営している
ウェブサイト『セマフォの屋根裏部屋』でも、
Survive The NightsのMAP情報を取り扱っています。

今後、情報が充実していくのでよろしくお願いします。

Survive The Nights MAP情報 はこちら

探索の緊張感と課題

Survive The Nights インベントリ

インベントリはテキストベース

探索要素はこの手のゾンビサバイバルゲームの定番です。
そして、それぞれのゲームで探索に個性があるのですが、
それは探索方法であったり、探索するアイテムで表されます。

STNの探索は、
「もし、現実でアウトブレイクが発生したら」という
想定の基に設計されているため、
民家の冷蔵庫、棚、ごみ箱などにそれぞれアイテムが入っています。

現在はやはり冷蔵庫には、
食料品が多く入っていることが分かっています。

その探索の深みに突入するには
まだまだこれからの充実が必要になります。

具体的な例としては、
家電製品が設置されているものの、
電力源を復旧できるアイテムがないと思われます。
というのも、まだアイテム数が限定されていたり、
アイテムポップが極端に少ないため、
まだそれらが実装されていない、というのが現状です。

(次のバージョン0.0.5でアイテムポップ修正予定)

つまり、STNの特徴は電力など、
僕たちが実際に生活に使っている多くのものが、
サバイバルで活かせるということと、
そこにクラフトが強く関係してくるということです。

ただし、町中にはゾンビが多いため、
場合によっては制圧したり、
ゾンビの集中している場所を回避する必要があるでしょう。
そのくらいに今作のゾンビはかなり強いでしょう。

それではゾンビについて紹介していきましょう。

STN ゾンビ と遭遇したら

Survive The Nights ゾンビ

ゾンビにキルされるとこうなる

Survive The Nightsでは
現在スポーン(リスポーン)時に武器を持っていません。
フラッシュライトとなぜかライフルの弾丸20発、
そして空のボトルを握りしめています。
(活字で見ると尚、ハードコア感……!!)

そのため、最初の段階で
ゾンビ遭遇して素手で倒そうと思うと、
体力の三分の一から半分は消費してしまいます。

それは判定がまだ完全に
調整されていないということもあります。

そこで初期装備やアイテム周りは
これからいくつかの変更が予想されるため、
ゾンビの特徴についてお話ししましょう。

STNのゾンビ 特徴

ゾンビは基本ノロマで、ウロウロしていますが、
近づくとターゲットとして認識されますし、
ある程度距離を引き離したり、
視界から居なくなるとターゲットが外れるような感じです。

また、ゾンビが近くにいると
不気味なBGMが流れて脅威であるということがすぐに分かります。

昼間のゾンビは数が少なく、群れでの脅威は感じません。
ただし、夜に集まったゾンビは脅威的で、
僕自身も夜を家に篭って過ごしていたら、
夜明けには10体ほどのゾンビが家の中や周囲にいました。

また、基本ノロマと言えども、
追ってくる際はプレイヤーと同じくらいの速度ですし、
気を抜くとやられてしまいます。

STN 日本コミュニティサーバー 

最後にお伝えしたいのは、
STNリリース後、日本人プレイヤーで
情報交換と交流、そしてバグ報告、フィードバックできるような
コミュニティを築きたいと思い、
Discordサーバーを立ち上げました。

これは招待制なので、
STNを買ったから一緒にやりたい!という方から、
STN日本コミュニティを盛り上げたい!という方まで
参加をお待ちしております。

しかし、大事なこと
交流ゲームプレイの中で出てきた要望積極的に
公式に提出したり、バグ報告を行うなど、
不具合に遭遇してもネガティブな方向ではなく、
それを今後の開発に還元できることも目的です。

フィードバックのための知恵や手伝いは既に、
このDiscordサーバーで生まれており、
実際にこの記事を書いた日に僕も重篤な不具合を一件報告しました。

そういったこともSTN好きな皆で楽しんでいけたら嬉しいです。
参加希望の方は僕のTwitterにリプかDMを下さいませ。
後程、お互いに問題なければ招待いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

ライター/Semapho

Twitterはこちらから

セマフォの屋根裏部屋 はこちら