「Escape from Tarkov」TalkingTarkov6まとめ!

Dear Escapers!

TalkingTarkov6のまとめになります!
配信を見れなかったために、KleanのTwitchのVideo logを順番に見ていたのでかなり時間がかかってしまいました…
遅くなりましたが予定通り、+αの内容満載も掲載しました!
お楽しみ下さい!!

以下の計画は、確定ではありませんので変更になる可能性がございます…

目次

Next Version (0.10.5)

Version 0.10.5: アニメーション(医薬品/消耗品)、フリーマーケット、Mosinの武器Mod、MP7、”Rating System(レーティングシステム)” – テストとして既存のゲームモードにランキングシステムが導入される予定です。
ワイプは部分的なものになる予定です。

Wipe(ワイプ)

部分的なものになります。
ワイプ対象: スタッシュ、レベル、スキル
ワイプ対象外: トレーダーのロイヤリティレベル、武器のマスタリング

Flea Market(フリーマーケット)

  • すでにキャラクターが認識している全てのアイテムの取引が行えます。(フリーマーケット上で取引の検索を行うためには、examine -調査- の作業が必要になります)。調査済みのアイテムは “Handbook”に追加されます。
  • 自身のトレーダーの評判を上げることで更なる取引が行えるようになります。
  • 取引は、手配/削除/拡張が行えます。
  • 取引はフレンドに送信することも可能です。
  • お金もしくは、物々交換で取引を行えます。
  • 検索は3種類の方法が用意され、フィルターの利用が可能です。
    希望のアイテム/価格を入力するとそれに該当する取引が表示されます。
  • 武器のコンフィグを保存し、それをHandBookに保存し、シェアしたり、素早くパーツを購入する際に役立てることも可能です。
  • フリーマーケットはレベルの制限があります。なのでレベル1で、高レベル帯で入手できる装備は手に入りません。
  • 今後追加予定のオークションハウスとは逆の仕組みになります。

将来的にはインターフェイスを全て取り除き、オープンワールドのトレーダーハブを利用してもらうことになります。Hideout(隠れ家)からアイテムを取り出し、売る必要があります。 Stashの共有は、今のところはまだ確定ではありません。
トレーダーは、特定のロケーションにいるようになり、トラベルする必要があります。
初期段階では、ロビーにいるトレーダーに会いに行き、話すことになる予定です。

フリーマーケットは全てのトレーダーの価格に影響を及ぼします。将来的にEFTの経済は、BSGによって管理されることはなくなります。

Raid中のプレイヤー間のアイテムの受け渡しはリスクを伴ってしまう…
i.e. しかしながら、フレンドにアイテムを直接渡す方法の追加は予定していません。Raid内での直接的な受け渡し、もしくはマーケットを利用して行って下さい。

“Mushroom farm problem(キノコ向上の問題)” – i.e. loot boxにスポーンするために、特定のアイテムが特定のロケーションに一定の確率で生成されています。それも変更される予定です。EFT内の経済に基づいて、スポーン確率などが変更されるようになります。

オークションハウスはまた違ったものになります。
今後追加予定ですが、かなり先になると思いますがお楽しみに!

Next next version (0.11)

HK、服装のカスタマイズ、TerraGroup Labs、メモリの最適化、MK16、新しい近接武器(二刀流)、SVD、コンパス、InterchangeのScav Bossを追加予定!
ワイプはない予定です。

TerraGroup Labs

パッチ0.11で確実に追加されます。 このマップは新しいギミックをお楽しみ頂けます!
解除にキーカードが必要な扉、エネルギーシステム : ライトと発電機のスイッチのON/OFF、新しいタイプの出口 : 防爆扉(軍事施設やシェルターで利用されている扉)/サウンドアラーム!この新しい機能はこのマップでテスト後、他のマップにも追加される可能性があります。

Factoryの4倍のサイズとなっており、10-11人のPMCの出撃を予定しています。また新しいタイプのScavが導入されます : “Scav Raiders”。通常のScavが3-4人の規模のタクティカルスクワッドを形成します(イメージは対テロリストスクワッド)。奴らは、Tarkov cityでの混乱を引き起こした直接的な原因の一つです。以前PMCに所属していた戦闘員も参加しています。
通常のScavはいません。These guys “helped to start all the chaos in this city”. Ex-PMCs also, a joint team. There will be no “regular” scavs.

将来的には、このロケーションはオープンワールド上の隠されたロケーションとなります。
アクセスするためには、秘密のドアと鍵を見つける必要があります。
追加時点では、テストのため通常のロケーションと同様に扱われます。

追加のメディケーションの効果

オーバードーズ、同じ薬を使い続けると効き目が悪くなる効果、 副作用、 適用/耐性などパッチ0.10.5で追加されない要素が追加されます!
また医薬品の効果は、瞬時に適用されなくなります。

新しい装備

新しいACOG、 Mosinのストック (マガジン使用可能)、MGLグレネードランチャー、安い価格のサーマルスコープ、 R10K、8×8解像度.

MP7
4種類の弾薬を使用可能になります :  HP、AP、Tracer、“4つ目は特殊な弾薬でアーマーを削るものになります”
武器Mod : ストック、マガジンx2、バリアントx2

ランキングシステム

ランキングはK/DやXPだけに基づいたものにはなりません。最長ショット、所有額、いくら1回のRaidで稼いでいるかetc…
全てテストするため、大幅な変更/修正が行わることになるでしょう。
ランキングはゲーム内ではなく、Webサイト上でのものになります。

Hideout(隠れ家)

0.11での追加を予定していますが、変更される可能性があります。

VOIP(ボイスチャット)

ボイスチャットは、パッチ0.11での追加を予定しています。使用するかどうかは、個人の判断に委ねられます。VOIPをミュートにするホットキーも用意されます。

Scav Boss

Interchangeの新しいScav boss: Killa!攻撃的なタイプの敵となっており、あなたを釘付けにするでしょう。また新しいアーマーである(6B13)、新しいヘルメット“Mask of one slit”を身に着けています。これらのアイテムは、パッチ0.11のlootableとして追加予定ですが、もしかすると彼の専用装備となる可能性もあります。

その他のボス達も追加予定です。スクワッドを形成しているボスから、一匹狼のボスまで様々なバリエーションをお楽しみ頂けます!現在追加予定ののは”Sniper boss”と”Sniper team”です。

ランダム性の向上

  • アイテムのスポーン場所のランダム性の向上。e.g. Customのマークのある部屋は3つ用意されます。どの部屋にいいアイテムがあるかはランダムになるため全てを探索する必要がある仕様に変更されます
  • 新しいタイプの出口(フレア)
  • イベントシステム
    • 崇拝者達が夜にスポーンするようになり、彼らは独自のサークル/宗教建築物を崇めています
    • エリアに入るとトリガーが発動するようになり、Scavのスクワッドがあなたを狩りに来たり、迫撃砲や地雷の脅威にさらされるようになります

EFT Battle Simulation

過酷な環境下での究極の戦闘シミレーション!
プレイ可能な範囲で、究極のリアルを追求した過酷な戦闘をお楽しみ頂ける予定です。

Unity 2018

恐らく今年に移行することになると思います。オープンワールドの生成をより簡単にし、テキスチャ・ストリーミングがメモリ消費量を3~4倍軽減する効果が見込めます。現在DX11では、 “don’t use instancing”のメッセージが表示されてしまいますが、この移行に伴いティアリングを減少し、FPSの向上が見込めます。

とても膨大な作業のため、最後に行った移行では3~4カ月かかりました。
現在、Unity 2018上で動作するテストビルドがあるので今後作業を行っていきますが、長い目で見てもらえれば幸いです。

カスタマイゼーション

Open Betaでは、ベストにアーマープレートを装備することやチェストリグのカスタマイズの機能が追加される予定です。
BSGのヘッドのNikitaは出来るだけ早くこの機能を実装することを目指しています。 

コスメティック・キットは、派閥によって異なるため派閥の特定には問題はありません(e.g. ズボンなど)

いくつかは、特殊部隊のものを基にモデリングされる予定です。

サウンド

垂直方向のオーディオの向上が計画されています。すぐに調整可能なものとしては、Interchangeのマップで各フロアが薄すぎるために、階の異なる音が聞こえてしまっている問題があります。今年中に、垂直方向のオーディオの修正を行う予定です。

Arena(アリーナ)

 アリーナは、EFTの大きな要素となり新しいプレイヤーを引き付ける競技性の高いゲームモードになります!
Hideout追加後に来年の初頭を予定しています。

その他

  • “Trade kill(相打ち)”は、ネットワークの問題によって発生してしまいます。いくつかの問題は修正されます。ところがEFTでは、銃口から発射された銃弾を現実と同様にシミレーションしているため、一度発射された銃弾はプレイヤーが死んだ直後もシミュレートされ続けます。なので一概に全ての相打ちがネットワークの問題ではないことに留意して頂ければ幸いです。
  • “スコープのずれ”の修正は発見されました。
  • グレネードランチャーは複数準備されています。NPCのトレーダーに限定した個数のみを販売させます。(e.g. 5000) また価格は状況に応じて上昇/減少し、自動的にバランス調整が行われるます。弾薬は高価なものになり、マップ上で見つけることはかなり難しくなります。
  • Manual bolting(マニュアルボルティング) : 可能な限り早く実装 
  • リコイルは、大きなアップデートの度に少しずつ増加する予定です。
  • Obrezはピストルのスロットを使用可能な武器として実装される可能性があります。 
  • 現在、新しいセリフを追加することは不可能です。
  • マッチメイキングは、もっと多くのマッチを同時に実行する予定です。現在は、マッチ開始条件は最低でも2人以上のプレイヤーが揃わないと開始しないように設定されています。
  • 夜の時間帯には、宗教崇拝者たちがスポーンするようになります。宗教建築物といいアイテムもスポーンするようになります。夜時間帯のミッションも追加予定です。
    夜時間帯はダイナミックなイベントが減ります (e.g. 迫撃砲とScavの襲撃など
  • 宗教崇拝者たちは、あなたに忍び寄り、ナイフキルを試みます
  • 新しいマップである“reserve base”は、軍事要塞でトップシークレットの予備倉庫となっています。おそらくこの場所に固定兵器である迫撃砲などが配備されます。
  • RE Anti-Cheat(アンチチート) : 今のところ全て正常に動作しています。
  • パッチ0.11以降に.45 ACPの武器である”1911″と”Vector”の追加を予定しています。
  • パッチ0.11以降にScav bossとしてプレイできる機能の追加を予定しています。
  • “Graphical overhaul(グラフィック・オーバーホール)”を予定しています。
    今年の終わりにスクリーンショットを公開する予定です。 

スクリーンショット/gif画像

公式フォーラム(日本語)

コメント

  1. Stormtrooper より:

    待ちに待ってた!
    忙しい中お疲れ様だぜ!

  2. Stormtrooper より:

    翻訳いつもありがとうございます!
    すごい膨大な量ですね!
    個人的にオープンワールドという言葉がちらほら出てきてワクワクしました

    • Giraffy より:

      ありがとうございます!
      引き続き時間が確保でき次第追加のニュースを翻訳し、アップロードしていきます。
      お楽しみに!!